フリーランス案件の探し方

PROsheetの特徴と登録方法。気になる単価・手数料や評判は?

PROsheet(プロシート)はフリーランスエンジニアなどを対象に、IT企業などからの募集案件をマッチングするサービスです。副業ではなく、平日に客先に常駐する仕事が中心となっています。

PROsheetのサービス概要と特徴

PROsheetはフリーランスの人を中心とした専門技術を持つ人を対象に、IT企業などから発注される仕事を紹介するサービスです。このサービスの特徴は次のようなものです。

  • 業務委託契約は企業とPROsheetの会員の直接契約で、サービス利用料は企業がPROsheetに直接支払います。
  • 企業との面談にはPROsheetのコンサルタントが同席して契約内容を調整してくれます。
  • 担当コンサルタントは単価交渉もサポートしてくれます。

運営会社は、有料職業紹介のほか、インターネット広告やコンサルティングを行っているランサーズ・エージェンシー株式会社です。この会社はマザース上場、資本金約11億円のランサーズ株式会社の100%子会社となっています。

募集している仕事・案件・手数料

PROsheetで募集が行われている案件はIT関連のものが中心になっています。特にエンジニアの募集が多く見られる傾向にあるようです。

単価については案件ごとにかなりばらつきがありますが、週5日勤務のフルタイムで月35万円~100万円ぐらいがボリュームゾーンとなっています。週3日以下の案件では日給1.5万円~4万円ぐらいです。おおまかな傾向としてはWEBデザイナー・運用ディレクターより保守管理エンジニア、さらに開発エンジニアの報酬が高くなっています。

手数料・マージンについては、会員が意識する必要はありません。手数料・マージンについては企業からPROsheetに対して支払いが行われるのです。契約は企業と会員の直接契約で、報酬も企業から会員の口座に直接振り込まれます。

PROsheetの口コミ・評判

PROsheetの評判は概して良いものとなっています。フリーランスではなく、エンジニアとして会社を起こした人でも「ここさえあれば、とりあえず食べて行ける」と言う評価をしています。

また「週2~3日稼働の案件が多くあるので子育て中の身としては助かる」と言う声もありました。ネガティブな評価がほとんど見当たらないのが特徴です。

登録からお仕事開始までの流れ・使い方

最初にPROsheetへ登録したら、次は自分のスキルの登録です。これまでの実績などを含めて登録して下さい。

1週間以内にキャリア面談が行われるでしょう。キャリア面談はオンラインで行うこともできます。それが終わるとマッチングです。PROsheetからスキルや希望に応じた仕事がオファーされてきますので、内容が気に入ったら受諾します。

次に企業との面談が行われますが、ここでは担当コンサルタントが同席して条件調整などをサポートしてくれるのです。双方の同意ができたら正式契約となります。

PROsheetのおすすめポイント、まとめ

PROsheetはフリーランスのエンジニアやITデザイナー、WEBディレクターなどのスキルを持つ人におすすめです。登録企業が多く、ユニークな案件が多いので取り組みがいのある仕事が選べることがメリットと言えるでしょう。

報酬も比較的高くて安定しているので、副業として取り組むより、本業にする人向けです。もちろんパラレルワークでも問題ありませんが、ここでの仕事を中心に据えるのがおすすめです。

サイトへのリンク・登録

クラウドテック

フリーランスの働き方をもっと自由に。

クラウドテックならリモート、週3日勤務など、
フリーランスのエンジニアやデザイナーの
働き方にマッチしたお仕事がそろっています。


Webフリーランスの高単価案件
  • フリーランススタート

    国内最大級のフリーランス専用の求人案件検索エンジン【フリーランススタート】 全国のフリーランスエンジニア案件90000件以上をカンタンに検索し、 応募までワンストップで完結可能
  • DYMテック

    エンジニア・デザイナー・ディレクターの高単価の完全非公開案件が多数。 『週1日~の案件や月額報酬100万円を超える案件を多数保有しているため、他案件との掛け持ちをしたい方、 ガッツリ稼ぎたい方など幅広く対応可能です』
  • ギークスジョブ

    常駐型フリーランスエンジニアのための、案件紹介サイトです。 業界実績15年以上、登録エンジニア数16,000名のギークスジョブは、案件探し~案件参画後までの手厚い専任サポート体制を強みとするサービス。