フリーランス案件の探し方

flexyの特徴と登録方法。気になる単価・手数料や評判は?

flexy(フレキシー)は、稼働日数が週2~3日の案件を中心に取り扱っており、副業がしたい正社員エンジニアや、複数の案件を掛け持ちしたいフリーランスが対象のサービスです。

flexyのサービス概要と特徴

flexyでは、その人のスキルに合わせて、複数掛け持ちしやすいエンジニア・デザイナーの案件を提案しています。

運営会社は株式会社サーキュレーションです。flexyの他にも、フリーランスとして活躍できる実力があるかどうかを判断する「フリーランス診断」やフリーランス向けの福利厚生プラン「サーキュレーションベネフィットプラン」などフリーランスのためのサービスを取り扱っています。

flexyの特徴

  • ハイクラス向け案件がメインだから単価が高い
  • 稼働日数週2~3日の案件が中心で他の案件と両立させやすい

募集している仕事・案件・手数料

flexyで取り扱っている案件は、Web系開発関連の案件が中心です。また、技術顧問の仕事もあり、エンジニア・Webデザイナーとして高い経験値を持った人向けの案件も多いです。

取り扱っている案件の単価は出勤日数によりますが、週1程度だと単価は月20万円程度、週3程度だと月50万円~80万円程度となっています。そして、flexyでは手数料・マージンが公開されていません。

一般的なフリーランスのエンジニア向けのエージェントサービスのマージンは25%から50%程度が相場です。したがって、flexyを利用するにあたっても大体この程度のマージンと思っておくのが良いでしょう。また、flexyに限らず、このようなエージェントサービスでは一般的にクライアントとの契約状況に応じてマージンが変動することが多いです。

flexyの口コミ・評判

flexyの評判を見てみると、他の案件と並行して働きやすい案件が多いとの声が多数見受けられました。

実際にflexyは3~5時間程度の短時間案件や、稼働日数が週1~3程度の案件が大半なので、複数の案件でしっかり稼ぎたいエンジニアに良いでしょう。

登録からお仕事開始までの流れ・使い方

flexyを利用するにあたっては、まず無料会員登録をします。すると、flexyの担当者から電話が掛かってくることから、電話にて担当者とスケジュールを調整し、flexyのオフィスにて実際に担当者と会ってスキルカウンセリングを行います。

ヒアリングしたスキルや希望する条件を元に自分に合った案件を担当者から紹介されるので、納得できる条件であればクライアントと面談をして合意に至ったら業務を開始するタイミングを確認したうえで着手しましょう。

flexyのおすすめポイント、まとめ

flexyはスキルのあるフリーランスがターゲットとなっています。

目安としてはエンジニア歴3年以上の人が対象となっており、週1~3程度の稼働日数で複数の案件を掛け持ちして働ける点がメリットとして大きいと言えるでしょう。

単価も高い案件ばかりとなっており、複数のWeb系開発案件でフリーランスとして稼ぎたい人におすすめのサービスです。

サイトへのリンク・登録

クラウドテック

フリーランスの働き方をもっと自由に。

クラウドテックならリモート、週3日勤務など、
フリーランスのエンジニアやデザイナーの
働き方にマッチしたお仕事がそろっています。


Webフリーランスの高単価案件
  • フリーランススタート

    国内最大級のフリーランス専用の求人案件検索エンジン【フリーランススタート】 全国のフリーランスエンジニア案件90000件以上をカンタンに検索し、 応募までワンストップで完結可能
  • DYMテック

    エンジニア・デザイナー・ディレクターの高単価の完全非公開案件が多数。 『週1日~の案件や月額報酬100万円を超える案件を多数保有しているため、他案件との掛け持ちをしたい方、 ガッツリ稼ぎたい方など幅広く対応可能です』
  • ギークスジョブ

    常駐型フリーランスエンジニアのための、案件紹介サイトです。 業界実績15年以上、登録エンジニア数16,000名のギークスジョブは、案件探し~案件参画後までの手厚い専任サポート体制を強みとするサービス。